売れるものを作ろうとする怖さ

売れるものを作ろうとする怖さ

  まだまったく考えがまとまっていないのだけど、メモとして。   自社のサービスやプロダクトについてコンセプトを考えるうち、 「ニーズはあるか」 「どう欲求を掻き立てるか」 という議論になる。 先日も…

臆病だから転職する(後編)

臆病だから転職する(後編)

思いがけず長くなってしまったので前後編に。 前編 変化は人間にとてつもないストレスを与えるものだ。 特に転職は変化としてとても大きい上、リスクもある。 でもなぜ転職できたかと言えば、私は臆病者であるが、座して死を待つこと…

臆病だから転職する(前編)

臆病だから転職する(前編)

ご縁あってプレジデントウーマンに掲載いただき、ロールモデルになるようなキャラでもないし、 キャリアや年収の面で言えば特筆すべきものではないけれど、 社会人7年目で3回転職したというのはなかなかに回数こなしているんじゃない…

青山七恵『すみれ』

青山七恵『すみれ』

140ページ程度のとても短い物語である。 中学3年生の藍子は、特別に頭がよいわけでも悪いわけでも、不良なわけでもない、ごく平凡な女の子である。 出版関係の仕事につき成功している両親の元、平和に暮らしていたが、ある日、両親…

流れ流れて6度目の6月

流れ流れて6度目の6月

私の人生観・価値観に絶大な影響を与えた物語がある。 それによって私は強固な決定論信者となった。 自分、ひいては世界がどういう方向へ進むのかは全て決まっている。自分の意志による判断だと思っていることすら、全てはアカシックレ…

その道具を何のために求めるのか。

その道具を何のために求めるのか。

向学心、向上心、成長意識の大切さは腐るほど語られるし体感としてもわかっている。 できること、生きるために使える道具は多い方がいいと私自身思っている。 だがたまたま、「そんなに出来ないことに焦らなくてもいいんじゃない?」と…

言葉の力を信じること

言葉の力を信じること

私は非常に絵が下手である。 おまけに集中力もなく雑なので、写生大会も美術の授業も碌な作品を仕上げた記憶がない。 そもそも空間認知能力が欠如しているのか、人の顔がなかなか覚えられない。 ○○さんって芸能人の誰々に似ているよ…

人に失望した時こそ誠実に生きようと思う。

人に失望した時こそ誠実に生きようと思う。

入社シーズン。 街には初々しいスーツ姿の新入社員が溢れている。 私も5年前、同じように社会人になった。研修は二週間と短い方だったが、必要最低限のことは学んだ記憶がある。 企業の業績調査をする部署に配属されたため、調査対象…