アプリレポート:eigooo!

アプリレポート:eigooo!

MOVIDA JAPANの実施しているインキュベーションプログラム、Seed Acceleration Program4期生、eigooo株式会社のチャット英会話アプリがとうとうローンチ。

eigooo!

まだiOSのみですが。

LINE的トーク画面

※iPadで使っていますが、問題ありません。

詳しい使い方はHPに掲載されていますが、まだアプリにチュートリアルは未搭載。会話の冒頭や途中に説明文が挿入される形になっています。

「今すぐチャット」をタップすれば、指定時間内(現在は7:30〜24:00)ならいつでも会話をはじめられます。
その時にアサインされている先生に自動的に繋がるため、先生を選ぶことはできません。また、繋いでみないとどの先生がいるかはわからない仕様です。
今後、先生の増加などで変わるかもしれないですね。
現在先生のアイコンはeigoooのロゴで、自分のアイコンは未掲示なので、人間味が薄いです。せっかくbotではなく人間がやっているのだから、要改善ポイントでしょう。

会話のガイドライン、ネタ帳などもないので、何を話したらいいか真っ白、という人は二の足を踏んでしまいそうです。
ただこれは私の感想なので、ユーザーインタビューなどで掘り下げてみたいところ。個人的にも、人間がどういう風にコミュニケーションのハードルを感じ、乗り越え、あるいは諦めるのか気になります。

これまでLINEを使い、先生は社長のピーターのみ、人力(id)で会員か確認する、というすさまじくアナログなやり方で提供していたサービス。
自社アプリをつくり、顧客の囲い込みはもちろん、添削や単語登録など独自機能をつけ、ユーザビリティも大幅にUPしました。

4つの項目があります

4つの項目があります

アプリ開発と並行して、先生の獲得と教育も進めました。英語が母国語というだけではNGで、英文法、知識の正しさはもちろん、説明の仕方など、厳しいテストにより選定し、教育。
リアルタイムチャットを実現しつつクオリティを担保するために徐々に拡大をしています。

これからはユーザー拡大と先生の確保を両輪で進めて行きつつ、サービスの向上も進めなくてはいけません。
ユーザーサポートも必要になるし先生のマネジメントも発生する。
事業が大きくなると大変なことも増えるけれど、とってもワクワクしますね。
本当に楽しみなサービスです。

私の英語能力はまさに大学受験をピークとして直滑降、そして受験英語。eigoooのサービスはLINE時代にピーター先生で体験していましたが、最初はドキドキ、そして難しい。本当に単語の羅列でしかない。
でも、使っていくと本当に英語に慣れます。抵抗が無くなっていく、という表現が近いかも。短いセンテンスでもぽろっと出てくるようになると、それが喜びを生むので意欲も向上。そして単語を調べ、文法を調べ、もっと勉強したくなります。
本当によいスパイラル。

訂正される文法……。

訂正される文法……。

 

あー、これ高校のとき習ったなあ、という内容がポンポン出てきます。授業って大事なんだと今更しみじみ振り返ってみたり。

かなり使えるこのサービス、課題としてはやっぱり”続けること”で、Z会などことごとく溜め込んだ私には自分を律するというところが本当に難しい。
今の時代、スリープユーザーに頼るようなことはして欲しくないから、ユーザーのモチベーション向上、継続利用を促すような施策を打ってもらいたい。
そのための提案もしていけたらなあと思っています。

現在、インストールすると無料で50メッセージ付いてきます。
先生に送る数なので、なるべく長い文章で送るとお得ですよ。
今のところ価格は50メッセージ500円、100メッセージで800円です。
時間での契約はこちら

ユーザーの英語力や目的で感想は変わってくると思いますが、「英語アレルギーをなくしたい」「英語に触れ合う時間を増やしたい」という人にはピッタリなのでは。
スマホの良さを存分に詰め込んだ、新しい英語学習ツールです。

 

Pocket