穂村弘『人魚猛獣説―スターバックスと私』

穂村弘『人魚猛獣説―スターバックスと私』

スターバックスをテーマに詠まれた歌を解説するエッセイ。
オーダーの仕方が難しくて、店員が異様にフレンドリーで、おしゃれな客が多いスターバックスの風景が鮮やかに切り取られている。
若干の緊張と居心地の悪さを感じる瞬間があることがとても共感できる。
スタバに臆面なく通える人は友達になれないタイプでありたいと思う。

もっとスターバックスと私との距離感的な、自虐的内容かと思えば、スタバサイトでの企画ということで当然ながらほっこり系だった。

(読了日:14/3/2)

 

Pocket