東野圭吾『虚ろな十字架』

東野圭吾『虚ろな十字架』

人殺しの罪は命により贖うべきか、という重いテーマなのだが、比較的軽やかというかあっさり描写されているように感じた。

主人公となる男は娘を強盗に殺された被害者遺族。
事件から数年後、離婚した元妻・小夜子が路上で殺害されたという連絡が入る。
強盗目的の殺人として犯人が自首してくるが、もちろん一件落着とはならないところ。
主人公がフリーライターとして活動していた妻の足跡を追ううちに事件の真相に近づいていく。

もう一組、物語の核となる夫婦が登場する。
妻は小夜子を殺した犯人の娘で、父親のことを憎らしく思っているが、医師である夫は義父の肩を持つ。

小夜子が殺された理由が、死の直前の取材内容に関わっていること、犯人の娘夫婦が何らかの鍵を握っていることは予想できる。
その上で、一体小夜子は何を知り、どうして殺されたのか、がミステリの焦点である。

割と込み入った内容で、時代も視点も移り変わるのだが、複雑で多様な登場人物を混乱させることなく書いている。わかりやすい伏線も、思わせぶりな展開も先を読ませる仕掛けが上手。
妻の事件を探る中で、主人公は娘が殺害され、その犯人が死刑執行されるまでを再び思い起こすことになる。
離婚後犯罪被害者支援団体で活動し、人を殺した者は死刑にすべきという強固な思想を持つようになった妻の姿を知り、困惑と自問自答を繰り返す。
なぜ小夜子が殺されたのか、という真相までも、「人を殺す罪」が貫いていて緻密で無駄がない。

ただこの程度の話なら東野圭吾はさらりと書いてしまうよねえ、という物足りなさを感じてしまうのである。
死刑という罰への見解や、罪の重さをはかる基準の曖昧さについて鋭く語られているものの、
どうしてもあっさり感じたのは登場人物、特に医師の人間性の掘り下げがあまりに薄いからだろう。
暴かれた真相の扱いがあまりに軽いのではないかと思う。
同情も共感もし辛い。その点にもったいなさを感じた。

多作かつクオリティを維持していることに感服するのだけれど、よく出来た2時間ドラマを超えないと思ってしまうわがままな読者である。

(読了日:14/5/24)

東野圭吾『虚ろな十字架』
出版社: 光文社 (2014/5/23)

Pocket