取り返しの付かないことは多い

取り返しの付かないことは多い

2013.08.19 自分の首を絞める人を見た

 

何かを信じて突き進んでいる人、未来を夢見ている人は、時に端から見れば、青臭くて馬鹿馬鹿しく映るかもしれない。

走り続ける人を笑う人がいる。

笑う人たちは置いて行かれ、いつしか笑う人たちばかりがまわりに残って、余計に夢見る誰かを笑う声は大きくなるかもしれない。

きっと居心地のいいその世界で、誰かの背中を笑いながら生きていくのは楽しいのか。

そう考えると、自分が何処かへ置き去りにした、私を嘲笑っている誰かのことなんてどうでもよくなる。

 

とりとめのない思考を繰り返して、うん、でも全ては過去になるから、といつも通り水に流す。

 

Pocket