有栖川有栖 『菩提樹荘の殺人』

有栖川有栖 『菩提樹荘の殺人』

作家アリス編短篇集。

今回はあとがきにもあるように”若さ”が全体のモチーフになっていて、他の作品と比べ火村先生やアリスの過去がちらほら出てくる。
これまで出された情報以上のことはないものの、感傷的で情緒的。
火村先生の犯罪へのスタンスが明確に示されている。
トリックの評価はよくわからないが、シリーズファンにはなかなかニヤリな一冊。

 

『アポロンのナイフ』

未成年による通り魔殺人と、もうひとつの殺人事件をうまく絡めた一作。
事件の本質を読者の想定とすり替えることで成り立つ物語。

 

『雛人形を笑え』

売り出し中の漫才師が殺害される。
容疑者に話を聞いていき、それぞれに強固ではないがしっかりしたアリバイがある中、誰が嘘を付いているか、動機があるのかを調べるスタンダードな物語。
コマチさんが出てくる点以外特筆すべきことがない。

 

『探偵、青の時代』

偶然出会った大学時代の同級生に、火村先生が解き明かした謎の話を聞く作中作形式。
こまこました叙述トリックは苦手だけれど火村先生の人間性が伺えるエピソードでよい。

 

『菩提樹荘の殺人』

アンチエイジングで売れっ子になったカウンセラーが別邸近くの池の畔で死体となって発見される。
雛人形とほぼ同じ形式。表題作の割に実に普通である。
しかし本作はアリスの過去の濃い影をこれまでで最もストレートに伝えた物語だから、シリーズの中で存在感を持ってくる。
そしてエピローグがすべて。

 

今回は精緻なトリックよりも犯罪者の思考をベースとした話ばかりだったように思う。

特に推理をしない私には読みやすい一冊だった。

 

 

Pocket