プラハ&ドイツ旅行記2016/4日目:ライプチヒ到着

プラハ&ドイツ旅行記2016/4日目:ライプチヒ到着

これまでの旅程はこちらから。
1日目
:羽田〜ミュンヘン〜プラハ移動日
2日目(1):早朝のカレル橋へ
2日目(2):プラハ城へ
2日目(3):ストラホフ修道院
2日目(4):聖ヴィート大聖堂
2日目(5):プラハ旧市街地
2日目(6):市街地散策
2日目(7):ペトシーン展望台
2日目(8):プラハの夜
3日目(1):共産主義博物館
3日目(2):カフカ、市民会館&火薬塔
3日目(3):ドレスデンへ列車の旅
3日目(4):ドレスデン旧市街地
4日目(1):ドレスデン新市街地
4日目(2):ドイツ連邦軍軍事史博物館(1)
4日目(3)ドイツ連邦軍軍事史博物館(2)
4日目(4):聖母教会

 

いよいよ目的地のライプチヒへ。
ライプチヒはドレスデンから西に120キロほど。
普通列車で2時間弱。特急なら1時間半ぐらい。

昨日乗った電車を降りなければライプチヒへ向かったのかしら?と思う。

スクリーンショット 2016-08-24 22.37.05

ドレスデンと同じザクセン州の西端に位置する。
ドレスデンは州都ながら、街の規模はライプチヒが上回っているそうで、市街地を歩いた印象も確かにその通り。
ライプチヒも旧東ドイツ。
東ドイツではベルリンに次ぐ規模だという。
BMWの電気自動車i3の工場があるなど、過去から現在も工業が盛ん。
ライプチヒ・ハレ空港は貨物航空の取扱量はドイツで3番目ということで、確かに飛行機がずらりと並んでいた。

気候はプラハ、ドレスデンと変わらない。
カラッとしていて過ごしやすい。

17時過ぎ発の列車に乗って、到着は定刻通り19時前。
まだ明るい。

到着したライプチヒ中央駅はプラハ、ドレスデンよりかなり大きい。
改札がないのでエキナカという概念はないのだが、ecuteみたいなのに似ている。
駅ビルが賑やか。

IMG_0345

地下鉄の乗り場がわからずさまよってしまったが、なんとか乗車。
プラハは中央駅から同心円上にエリアが区切られ、それによって運賃が決まる。
エリア内なら一定時間同一料金で乗り降りできる。
駅には自動券売機があるのだが、非常にわかりにくい上、なぜか途中でドイツ語表記だけになるという曲者。
複数名で乗ると安くなる切符や、何日か有効期限がある切符、また、動物園や美術館などが割引になる切符もある。
今回は仕事でほぼ行動エリアが決まっていたので毎回購入した。

IMG_0359

これから5日間!泊まるホテルはライプチヒのど真ん中。
中央駅が東京駅だとすると、銀座みたいなところ。
とはいえ徒歩15分ほどの距離とかなりよい場所。

バッハ像の立つ教会の目の前。
その名もアルコナ リビング バッハ14
DeNAトラベルで適当に選んだのだが、かなりアタリだった。
日本円で12,000円くらいと安くはないのだが、綺麗で広い部屋(しかもフローリング)、バスタブもあり、とっても美味しい朝ごはん。
何より駅チカ。
下を探せばキリはないけど、旅のホテルは交通アクセスがよく、周りにお店も多いところが費用対効果は高いという持論。

どうやら「アルコナ リビング」チェーンらしい。
エステのようなものはないからラグジュアリーホテルではないけれど、とても居住性が高いのでまた旅行にいく時近くにあれば使いたい。
宿に関しては高級志向ではない私にとって、国内も含めてベストスリーに入るぐらい気に入ったホテルである。

IMG_0344

少し休んで20時を過ぎてもまだ外は明るい。
周辺の観察と夕食がてら外出。
美術館やら大学やら、大きなショッピングセンターやらあるのだが、時間が遅いためほぼ閉店。
明るいのに時間は進んでいるという感覚に慣れない。

DSC_3200

ホテルから歩いて5分ほどの場所にあるライプチヒ大学。
ドイツのメルケル首相の母校である。
彼女は物理学を専攻。
理系に強い大学らしい。

DSC_3202

日本でもおしゃれな店舗が多いAesop。
営業時間中に再訪したが中も素敵だった。

DSC_3197

謎のアヒルちゃん。
この池?の左手にはオペラハウスがある。

IMG_0349

ホテルの周辺にはレストランが所狭しと並んでいる。
みんなテラスを出してとても賑やかで、和やかな雰囲気。
ひとりがちょっと寂しくなってきたところだが、同僚たちの合流まであと2日……。

IMG_0351

地下鉄駅のある広場、目の前のお店。
賑やかすぎず、でも寂れてもいない感じのお店。
店員のおばさまもとても感じがよかった。

IMG_0352

またもとりあえずビール。
お通しはパン。
ついてきたクリームのようなものが美味しい。

割とお高いお店だったので、手頃な価格で、大好きなアスパラがついたプレートをチョイス。
が、出てきたものを見て少し引いてしまう……。

IMG_0354

ネギの太さのアスパラが、ドーンと5本……。
あわせて頼んだポークピカタのようなものも、薄さの割にボリュームがある。
バターで炒めたアスパラは美味しかったものの、半分で充分だった……。
またもやビールが進むのである。

DSC_3203

長い長い夕方が終わり、21時を過ぎると急速に日が落ちる。
なんとか食事を片付けた頃には街はすっかり夕闇に。

どこの国にも路上アーティストはいるだろうが、ライプチヒではバイオリンを弾いている人やオペラを歌っている人もいた。
ちょっと高尚に感じるのは単純だろうか。

明日からの仕事に備え、ゆっくり眠りましょう。

 

つづく

 

Pocket