篠田真由美『閉ざされて』

篠田真由美『閉ざされて』

函館の海沿いに建つ洋館を舞台にしたミステリ。
継母、継姉の策略により財産を乗っ取られようとしている、と訴える主人公が、兄への手紙と日記により物語を綴っていく形。

ストーリー自体先が読めるのと、なんだか文章が冗長。
篠田さんは昔から文章のテンポがよくない(その分ストーリーで魅せる)タイプだと思うので、こういう文章力勝負の展開は向いていないのではないだろうか。

(読了日:13/10/6)

 

Pocket