西加奈子 × 穂村弘トークショー「男と女の食をめぐる正解」

西加奈子 × 穂村弘トークショー「男と女の食をめぐる正解」

2013.05.21

 西加奈子 × 穂村弘トークショー「男と女の食をめぐる正解」

@青山ブックセンター

 

ほむほむのイベントは3回目ですが、毎回新たな発見があります。

そして昨日21日が51歳のお誕生日!めでたい。

しかし、30代でも通用しそうなくらい若いです。

 

西さんは恥ずかしながら著作も読んだことがなかったのですが、

ちゃきちゃきした関西のおねーさんで、明るくキュートな方でした。

タジタジのほむほむがおもしろかったです。

「西さんに叱られたくなる」

「西さんならオタクな自分もうけ入れてくれるのではないか」

というほむほむの発言がすべてを物語っていました。

 

以下気になったポイントメモ。

 Dpop はダサい

  • 欲張り感
  • どれかひとつは美味しいだろうという思考が見えみみっちい

デートと料理

  • お好み焼きは試されている感じがする
  • デートは減点方式
  • 常連さんと話したくない
  • 常連さんとうまくやれている男は遊び慣れてそう、ここは勝負店なのかと思う…初めての店がいい
  • タイ料理にはイベント性がある(失笑されてたけど私はすごくわかるよ)
  • 春キャベツのタジン蒸しとか頼む男はダメ(私より女性的なことができる点に引く)

食べること

  • お皿を舐める:信念があることはよくわかる。そしてその魂の高温さについていけない
  • 食べ物に性差がある。生春巻きは女性の食べ物
  • 神戸ではぎょうざ屋さんに米がなかった:ごはんがないことにそこに住む人々が同意していることに驚き。とてもプリミティブな感覚。
Pocket