真山仁『グリード(下)』

真山仁『グリード(下)』

アメリカ金融の崩壊が確定的となった下巻は、
アメリカン・ドリーム社を巡る鷲津と投資家サミュエルの対決が軸。

天上人たちが札束で殴りあっている中でも、大多数のひとはコツコツ生きるしかない人間世界の滑稽さを感じる。
まさに金のある不幸。
過去の作品では、鷲津さん陣営が勝つもののイマイチしこりが残るというか、かなりの痛手を負う感があったけれど、本作はかなり爽やかな終わり方のように感じた。

上下巻のボリュームで、組織・登場人物がかなり多くて混乱する瞬間もあるが、深く考えず読んでいくとそのうち理解できるから問題ない。勢いで読み下すタイプの小説だから。
今回は芝野さんはほんのちょっとしか出てこず。
その分、正義感からNYに飛ばされてしまった日本人記者の北村がいい役割を果たしている。
しかし、鷲津さんのイメージは大森南朋だから、小説の中での描写にどうしても違和感を感じてしまう。

物語の舞台である2008年がすでに5年も前だということに寒気を感じた。
ちょうど私は大学4年生のとき、内定式の直前。日本もまっくら闇に転がり落ちそうになっていた。
だけど正直、「ギリギリセーフ」だと思っていた。
友人たちとの会話でも、「この時期でよかったよね」って話が何度となく出た。当時の3年生はまったく見える世界の色が違ってしまっただろう。
実際、次の代は新入社員が入ってこなかった会社もあるし(うちは半分以下になった)、派遣さんを切ったり経費が厳しくなったり、環境はがらりと変わったようだ。
そういう意味では、まさに渦中にいた私達は崩壊の音を聞きながらも、それによって痛みを味わうことはない特殊な世代なのかもしれない。
就活時は売り手市場、入社した時はすでに不景気の底。

この物語に出てくる会社の採用試験を受けたが、この世界で働いていたらどうなんていたんだろうな、とハゲタカシリーズを読む度に思う。
物語のようなドキドキワクワクなんてほとんどないだろうけれど。
リーマンに内定していた友人もいる。景気の悪化で内定切りにあった知り合いの噂も聞いた。
それでもみんな今もちゃんと生きている。
地に足つけて歩いて行ける間は負けない。

(読了日:13/12/23)

 

Pocket